成分で選ぶ

アトピーにおすすめの成分DHA・EPAでおすすめのサプリはどれ?

投稿日:2018年3月25日 更新日:

DHA・EPAは抗炎症作用、抗アレルギー作用がある成分です。

アトピー対策なら、この2つの成分(DHA・EPA)がより多いものを選ぶとよいでしょう。

※厚生労働省の定める1日あたりの摂取目安は1000mgです

その中で、DHA・EPAのサプリのおすすめは『オメガ3クリルS』です。

『オメガ3クリルS』には、他のサプリと比較しても一番多くのDHA・EPAを含まれています。

初回価格も1980円とはじめやすい設定になっていておすすめです。

  1日あたりのDHA・EPA含有量 価格(初回)
オメガ3クリルS 1005mg 1980円
さかな暮らし 860mg 2520円
きなり 500mg 1980円

DHA・EPAにはどんな特徴があるの?

DHAとは「ドコサヘキサエン酸」の略で、体内で作ることができない必須脂肪酸の1つです。

EPAとは「エイコサペンタエン酸」の略で、DHAと同じように体内で作ることができない必須脂肪酸の1つです。

DHA・EPAにはどんな効果があるの?

DHAには次のような効果があるといわれています。

学習機能向上作用(記憶改善、健脳作用)

制がん作用(特に乳がん、大腸がん、肺がん等)

血中脂質低下作用(コレステロール、中性脂肪)

網膜反射能向上作用(視力低下抑制)

血圧降下作用

抗血栓作用(血小板凝集抑制作用)

抗アレルギー作用

抗炎症作用

抗糖尿病作用(血糖値低下)

EPAには次のような効果があるといわれています。

血管を柔らかくする(動脈硬化、心筋梗塞、脳こうそくの予防)

中性脂肪の低下

抗炎症

抗アレルギー

精神安定効果

眼精疲労の抑制

肌の潤い効果

DHA・EPAの効果に科学的根拠(エビデンス)はあるの?

DHA・EPAについては、主に動物実験による臨床試験でその効果が報告されています。

また、人の体内で生成できない成分でもあることから、「日本人の食事摂取基準(2010年版)」ではDHA・EPAの摂取目安についてこう記しています。

これらの脂肪酸は生体内で合成できず、欠乏すると皮膚炎などが発症する。このため、目安量を設定した。

18歳以上は「EPAおよびDHAを1g/日以上摂取することが望ましい」とされている。

参照:厚生労働省「3 脂質」より

参照:健康科学大学教授・医学博士蒲原聖可著「サプリメント事典」より

参照:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)

なぜDHAとEPAを一緒に取ったほうがいいの?

 

DHA

EPA

正式名称

ドコサヘキサエン酸 エイコサペンタエン酸

分子構造

炭素:22個 
二重結合:6個

炭素:20個
二重結合:5個

脂肪酸系列

オメガ3系列 オメガ3系列

体内への行き先

脳・網膜に取り入れられる 全身の細胞に取り入れられる

主な作用

痴呆症・ガン抑制・抗炎症・脳細胞の活性化・視力改善 血圧降下・動脈硬化予防・高脂血症・中性脂肪低下

共通作用

LDLコレステロール低下・血栓を防ぐ・アレルギー緩和

特徴

脳の働きの欠かせない成分 血栓を予防する効果

弱点

熱に弱く酸化しやすい

DHAとEPAを比較するとわかるように、どちらも同じような特徴や働きだということがわかります。

しかし、それぞれ一方にしかない働きもあります。

体内で作ることができないこのDHA・EPAを一緒に摂ることで、より多くの効果を得ることができるようになります。

DHA・EPAには心配な副作用はないの?

DHA・EPAに目立った副作用はないといわれています。

ただし、薬との飲み合わせや持病への影響の中にはDHA・EPAの摂取が進められないものがあるので、気になる方は事前に医師に相談するようにしましょう。

特に、血液をサラサラにする薬(ワーファリン)を飲んでいる時には注意が必要です。

DHA・EPAもワーファリンと同じように血液をサラサラにする(血栓を防ぐ)働きがありますので、ケガをしたときに血が止まらなくなったり、手術のときに血が止まらなくなったりしてしまいます。

また、降圧剤(血圧を下げる薬)を飲んでいる場合も、EPAにも血圧降下の働きがあるため、一緒に飲むと血圧が下がり過ぎて倦怠感や重い場合には失神してしまうこともありますので注意が必要です。

DHA・EPAを含む食べ物にはどんなものがあるの?

DHA・EPAを含む食べ物の代表は青魚です。

  DHAの含有量(mg)
マグロ 2877
ブリ 1785
サバ 1781
サンマ 1398
ウナギ 1332
  EPAの含有量(mg)
マイワシ 1381
マグロ 1288
サバ 1214
ブリ 898
サンマ 844

DHA・EPAのおすすめサプリはこれ!

オメガ3クリルS(白鳥ウェルファーマ)

3つのポイントがおすすめです。

厚生労働省が推奨する1日1000mgを超えるDHA・EPAを1005mg配合

クリルオイルのDHAは青魚の吸収率の約3倍

1000mg以上のアスタキサンチンがDHAの酸化をガード

  • 通常4,536円(税込)のところ、お得な定期コースなら初回限定1,980円(税込)
  • 定期コースなら送料無料

「高齢者向け」や「物忘れ対策」として一般的なサプリですが、実は1000mgを超えるDHA・EPAの抗炎症作用と抗アレルギー作用は見逃せません

さらに詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください

『オメガ3クリルS』はアトピー対策として効果があるのか確かめた口コミを紹介します

アトピーにおすすめのサプリの一つに『オメガ3クリルS』があります。 『オメガ3クリルS』には、 抗炎 ...

続きを見る

さかな暮らしダブル(マイケア)

さかな暮らし

3つのポイントがおすすめです。

DHA・EPA合わせて860mg配合

アスタキサンチン含有のクリルオイルを100mg配合

中性脂肪を低下させる働きがある

  • 通常コース2,800円(税抜)のところ、とくとく便なら10%オフの2,520円(税抜)
  • 1ヶ月全額返金保証あり
  • 継続条件(〇ヶ月解約できないなど)なし

きなり(さくらの森)

3つのポイントがおすすめです。

水産加工会社大手のマルハニチロと共同開発

純国産の原料から500mgのDHA・EPAを配合

酸化防止のアスタキサンチン、サラサラ効果のナットウキナーゼを配合

  • 通常価格5,695円(税込)のところ、毎月お届けコースなら初回限定67%オフの1,980円(税込)
  • 15日の返金保証あり
  • コンシェルジュスタッフが購入後もサポート

実際に試したアトピーにおすすめのサプリ2つを紹介します!

 ランキング

アトピーに悩んでいた私が、実際に試したり調べたりして、サプリの成分別・症状別・コスパ・安全性・口コミを総合的に判断して紹介しますのでご覧ください。

※2019年7月更新

アレルナイトプラス(オリエンタルバイオ)

  •  通常価格9,000円(税込)
    定期コース限定5,980円(税込)
  • 全国どこでも送料無料
  • 代引手数料無料

 

サイト紹介
emi
私が最後まで続けた一番のおすすめです!

刺激に敏感でデリケートな方、ゆっくり休めない方に必要なのはカラダの中からバランスを整え、不足しがちな栄養素を補給し、深い休息をとること。

そのために必要な植物性のラクトバチルス乳酸菌(アレルギー症状の軽減)、ビオチン(お肌の新陳代謝の促進)、ラフマ葉抽出物(睡眠向上作用)を配合しているのがポイント。

1800人のモニター調査をし、臨床試験で結果が出ているものだけを採用し、健康食品GMP認定※の国内工場で製造されていて、アレルギーフリーだから安心のサプリです。

+※GMP認定とは?(クリックして下さい)

Good Manufacturing Practiceの略で、適正製造規範と訳されています。原料の入庫から製造、出荷にいたる全ての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるように定められた規則とシステムのこと

おすすめの理由は?

価格は一番高いですが、アトピーの悪循環を断つ3つの成分が効果的なので、一番のおすすめにしています。

善玉菌のチカラ(フジッコ)

  •  通常価格2,550円(税込)
    初回限定1,550円(税込)
  • 送料無料

サイト紹介
emi
試しやすいというポイントでは一番のサプリです!

アトピーや花粉症などのアレルギー症状の改善効果が期待できるクレモリス菌FC株を1粒に約40億個配合。

お得な定期コースなら、いつでも解約・休止できるから安心して試すことができます。

ISO9001を取得したり残留農薬検査や遺伝子組換え検査、放射性物質検査などを行い、品質管理にも万全を期しているのも大切なポイントです。

おすすめの理由は?

乳酸菌以外に睡眠向上成分やお肌の新陳代謝の促進などの成分はありませんが、クレモリス菌FC株のアレルギー症状の改善効果に加えて、はじめやすく続けやすい価格設定を考えて、2番目のおすすめとしました。

-成分で選ぶ

Copyright© アトピーにおすすめのサプリであなたもシンデレラになれる!! , 2019 All Rights Reserved.